スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

被リンク対策を始める前に

2007.07.24 Tue

YahooやGoogleで上位表示しているブログやサイトを眺めてみる。


やはりビッグキーワード(激戦区)であればあるほど、被リンクを
多く稼いだサイトが勝つ。


多く稼ぐ、というのは100や200の話ではない。
10万、20万というレベルのバックリンクだ。


このようなバックリンクは普通の方法では得ることができない。


無料のアクセス解析やアクセスカウンター、各種ブログツールなどを無料提供する企業がある。しかし、なぜこんな高機能ツールが無料で提供されているのか不思議に思ったことはないだろうか?


これには仕組みがある。
貼り付けタグにはバックリンク用のURLが複数挿入されている。
ペット産業、風俗産業、ファッション、美容関連の企業から依頼されたURL群だ。


支給されたコードをそのままブログに貼り付けている私たちは、特に意識することなく、この被リンクに協力していることになっている。
つまりサービス利用者が増えれば増えるほど、バックリンクの数も比例して増え、その結果が10万、20万という被リンクにつながっていく。


サービス自体はありがたいが、検索エンジンにとっては大きなマイナス要素だろう。


しかし今現在では、コンテンツの内容に関係なく圧倒的な被リンクは圧倒的に高い順位を保証してくれる。


さて、話は変わってこれ以外の方法で上位表示を実現しているサイトがある。
しかし、どれも正真正銘のスパムとされている方法での上位表示だ。
ここまでスパムサイトが上位を占めていると、正論すら都市伝説に感じてしまう。


いまだにリンクボックスをTOP表示→相互リンク。
これで、Yahoo!もGoogleも上位表示。


サイバーエージェント事件は一体なんだったのか。
スポンサーサイト
ブックマークに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。